page top
雲母唐長(KIRA KARACHO)

神社仏閣の唐紙修復など

2010年12月、2011年12月
養源院、重要文化財である俵屋宗達「松図」の修復を二年半がかりで手がける。

緑青の地色に金色の丸龍の唐紙。
片面は俵屋宗達の松図の修復、片面は江戸時代の唐長先祖の唐紙で表裏となっている。この宗達と共する文化財の襖の修復唐紙を手がけさせていただくにあたり、十一代目とも相談し、いろいろ試行錯誤の上、100年、200年と時代を遡った当時の色あいでつくられた唐紙により、伏見城から移築された聖天歓喜天さんの部屋は囲まれている。養源院の松図修復唐紙は、ぼくが生涯語りつげる誉れなる唐紙となりました。江戸時代の先祖が仕事を残してくれ、お寺さんがこれまで守り伝えてくれたおかげで、今回仕事する機会を頂けたということを忘れてはならない。

つづくということはつづける人がいるということ。

この唐紙が、この先も100年、200年と伝わり人々の心の安らぎにつながり、見守ってくれることを心から願う。
先祖の唐紙の修復というものは、調べたり想像したり…なんだかいろんな対話をするようでもあり、困難さはあれども、ぼくには、なんだか楽しい仕事のように思えた。

雲母唐長の唐紙修復

やがて、ぼくたちの子孫がまたこの龍の唐紙に挑む日が来るのだろう。
(トトアキヒコ)

2011年11月
350年ぶりとなる臨済宗妙心寺派烹金寺の落慶法要の唐紙を手がける。

2012年
東京スカイツリーの第一展望台にある「江戸一目図屏風復元唐紙」を手がける。

雲母唐長の唐紙修復・東京スカイツリー「江戸一目図屏風復元唐紙」

雲母唐長の唐紙修復・東京スカイツリー「江戸一目図屏風復元唐紙」

唐紙師トトアキヒコ従事の寺社仏閣

オーダーお問い合わせフォーム

唐長の唐紙をオーダーをご希望の方は、アトリエ雲母唐長にてお打合せさせていただきます。
アトリエに来訪される日程の希望と現時点でオーダーに関する詳細(現時点でわかる範囲)を下記フォームに記載の上、送信願います。
内容確認次第、折り返しメールにてご連絡いたします。
完全予約制。
アトリエにつき、制作都合のため、基本的に午後からの打ち合わせとなります。
14時~及び16時半~にてお願いしております。
火曜・日曜・祝日休(不定休あり)

お名前
電話番号
メール
来訪日程

日時と時間を記入してください。

  • 第1希望
  • 第2希望
  • 第3希望
来訪者数
詳細

Copyright © 2013-2017 雲母唐長 All Rights Reserved. English  | お問い合わせ