page top
雲母唐長(KIRA KARACHO)
雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるコムサステージ銀座店施工作品『星に願いを/蒼天の月』



天命を
誘う月に
咲きほこる
我が身に宿る
青を知る
 
 
蓮は過去と現在、未来…この世と目に見えぬ世界の狭間に咲きゆらぐ花
青に包まれし世界の清らかなる魂は聖なる花の煌めきに宿る露のように…
 
数百…数万…数十万回と降り積もりし青の世界。
無数の色がぼくの指を通じて和紙の上で混じり合い生まれる青
水面の揺らめきのような、雲間のゆらぎのような…
暗闇の青と明け方の青が出会う青は、古来も今もそして未来も変わらぬ
日本の心象風景を表したものです。
 
1000年前も…今の世も…1000年後の人たちも
自分ではない誰かの為に、何かのために星に願いを捧げる、星に祈りをこめるという行為は
人間の尊厳ある美しい行為である
と、ぼくは思うのです。
 
「星に願いを」は「しふく刷り」というトトアキヒコ独自の技法で自身の指で
点描のように数十万回の時と光を重ねて染められた唐紙です。
山川草木悉有仏性ということばがあります。
葉を見る、枝振りを見る、木を見る、山を見る…
これら全てひとつひとつは、ふぞろいではあるが、つながることにより、調和の美が生まれる。
ふぞろいの中に、調和された美の世界。
そのことを自然に教えられたぼくの覚醒がもたらす色の世界が「しふく刷り」
青も赤も黄も黒も白も混ざりあいながらも、透明感のある青が生みだせないだろうか…
ふぞろいの中に見る純粋な美しさ。
この多様性の交わりこそが、ぼくの目指したものです。
ひとつひとつ重ねた青の光りは、先人へのオマージュであり、
今、ぼくが生きていることの証であり、未来への道でもある。
 
大切なものは目に見えない。
目に見えるものだけはなく、見えないものを感じること。
見ようしなければ、見えず、見ようとすれば、見える、何かがあるのだ。
 
人は、今、ここ、の、ひとつの存在。
一見、自分と関わりのないとも思われる全ての存在に生かされていることに気づけば、
世界は平和に繋がってゆけるのに…
 
 
 
信じるものありますか
信じたいものありますか
だけどそこにあなたの信じるココロありますか
 
唐紙には、人を幸せにするチカラがあると、ぼくは信じています。
そして、そのチカラは400年もの間、唐紙を愛してくれた人たちの魂とともにぼくの背に宿っているのです。
 
唐紙を通じて人々が心穏やかで幸せでありますように。そして、世界が平和でありますように。
(トトアキヒコ)
 
 
コムサステージ銀座店(2013年10月)

雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるコムサステージ銀座店施工作品『星に願いを/蒼天の月』

雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるコムサステージ銀座店施工作品『星に願いを/蒼天の月』  
 
 
 
Hoshi ni Negai o (Wish on a Star)―The Moon in an Indigo Sky
 
Knowing the blue
that resides in our souls,
as they blossom under
the moon that beckons
Heaven’s will
 
 
The lotus is the past, present, and future, a flower that sways in the divide between our world and the invisible cosmos.
Enveloped in blue, the world’s pure soul is like dew dwelling in the sacred flower’s shimmer...
 
The world of blue accumulates as it falls hundreds, tens of thousands, and hundreds of thousands of times.
Blue that is born on washi paper as my fingers mix together countless hues,
like ripples on water, like undulating breaks between clouds...
The blue that emerges from the nexus between the blue of darkness and dawn’s blue evokes the imagined scenery of Japan that remains the same, as it was in ancient times, as it is today, and as it will be tomorrow.
 
People a millennia ago, people today, and people a thousand years from now
cast their wishes upon the stars, expressing hopes for something or someone.
To me, this is a beautiful, dignified human act.
 
“Wish on a star” is a work of Karakami art crafted with my unique technique of Shifuku-zuri, in which I used my fingers to create pointillism-like images, dyed hundreds of thousands of times, under layer upon layer of light.
 
There is a saying that goes, “The Buddha nature is found in the mountains, the streams, the grass and the trees.”
Look at leaves, branches, trees and mountains...
Individually, they all are irregular shapes, but together they form a harmonious beauty.
A world of harmonious beauty born of irregularity...
This is nature’s lesson to me, the inspiration behind the world of color that is Shifuku-zuri.
The inspiration that made me wonder if a diaphanous blue could be produced from the merging of blue, red, yellow, black, and white...
A pure beauty found in irregularity
It was this communion of diversity that I sought.
The layers and layers of blue light are an homage to my forebears, proof of my existence today, and a path to the future.
 
What is essential is invisible to the eye.
Sensing not only what can be seen, but also what cannot.
If we do not try to see, we see nothing, but if we try, we find there is something to be seen.
 
A person is a single existence that is here, now.
If we each realize that we owe our existences to all the lives that at first seem unrelated to our own, the world could evolve into a peaceful place...
 
Is there something you believe in?
Is there something you want to believe?
Step back and ask yourself if you have the heart to believe.
 
I believe that Karakami has the power to make people happy.
And, that power has resided in me, along with the spirit of the people who have venerated Karakami over 400 years.
 
I pray that people will receive serenity and joy from Karakami, and that the world will be blessed with peace.
 
 
Akihiko Toto, Karakami artisan



  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『明け方の蒼に見る宇宙(コスモス)』(東京六本木ミッドタウン・とらやギャラリー「唐紙の美 唐長展」にて)
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『384枚/祈りの青』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『朝靄に舞う桜に宿る青』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『イロトリドリの世界』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『星に願いを』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるMIHO MUSEUM収蔵作品『inochi いのち』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによる京都・養源院奉納作品『星に願いを』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『LOVE』(JR京都駅 京都茶寮にて2010年に公開)
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによる京都・護王神社奉納作品『イノチノヒカリ』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによる、2012年春にMIHO美学院ロビーに飾られた作品『いのち』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによる京都・慈照寺(銀閣寺)奉納作品『星に願いを/季風の道』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるコムサステージ銀座店施工作品『星に願いを/蒼天の月』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによる美術展出店作品『ミズハ』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによる美術展出店作品『星に願いを 風神雷神』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによる美術展出店作品『いのち2014』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『ミズハ』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『tsugumi 青季道(あおきみち)』
  • 雲母唐長(KIRA KARACHO)の唐紙師・トトアキヒコによるアート作品『「ミズハ blue introduction」ある音楽家のための唐紙』
  • トップオブキョウト 作品「光の輪」
Copyright © 2015 雲母唐長 All Rights Reserved English  | お問い合わせ